仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手

 【シカゴ=野毛洋子】米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発した。仮想通貨交換所が今後の規制強化に向けて準備を進めるなか、不正を自動で検

続きを読む

Twitter comment(10)

仮想通貨取引の不正摘発ソフト導入、イギリスCoinfloor取引所。開発はアメリカ先物取引システムの大手Trading Technologies社。AI搭載し過去のデータを基に不正取引を自動検知。売買意思のない見せ玉など対象、検知…
米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発しました。 ▶︎仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
[日本経済新聞] 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手 (会員限定)
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
いやこーゆーの増えるの熱いわー 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
トレーディングテクノロジーズが暗号通貨の不正摘発ソフトを開発

関連記事

  1. 米大手仮想通貨取引所「コインベース」がトークン取引ツール提供のCaspianと提携

  2. 【通貨】英FCA、フィンテックや仮想通貨の革新支援と同時に注意促す【フィスコ・ビットコインニュース】…

  3. ビットコインなど、仮想通貨の短期取引における『7つの注意点』

  4. 5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (8/20)

  5. 【速報】仮想通貨取引所バイナンス、上場手数料を全額寄付する意向を表明|金額は全て開示する模様

  6. 仮想通貨交換事業を譲渡 解散へ

  7. 仮想通貨取引所Zaif、流出したビットコインキャッシュとモナコインの被害額を公表

  8. 老舗格付けサイト「お買い得の仮想通貨」にXRP(リップル)など4銘柄を挙げる

人気記事

PAGE TOP
ツールバーへスキップ