仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手

 【シカゴ=野毛洋子】米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発した。仮想通貨交換所が今後の規制強化に向けて準備を進めるなか、不正を自動で検

続きを読む

Twitter comment(10)

仮想通貨取引の不正摘発ソフト導入、イギリスCoinfloor取引所。開発はアメリカ先物取引システムの大手Trading Technologies社。AI搭載し過去のデータを基に不正取引を自動検知。売買意思のない見せ玉など対象、検知…
米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発しました。 ▶︎仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
[日本経済新聞] 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手 (会員限定)
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
いやこーゆーの増えるの熱いわー 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
トレーディングテクノロジーズが暗号通貨の不正摘発ソフトを開発

関連記事

  1. ビットコイン反発、投資家が仮想通貨に見切りとの懸念後退

  2. 【速報】日本のリップル(XRP)人気が浮き彫りに 仮想通貨XRPの保有額 ビットコインを大きく上回る…

  3. 仮想通貨台頭は、金融市場最大の転換期

  4. 【速報】米仮想通貨取引所コインベース、待望のXRP(リップル)上場を発表|価格も急反応で10%高を記…

  5. 仮想通貨ネムが0円になる可能性も|運営団体が破綻寸前 75%以上の人員削減か – 株式会…

  6. 仕切り直しの仮想通貨ビジネス、「3月から動き出す」は本当か – ニュースイッチ News…

  7. “パスワード知るCEO死去”で巨額の仮想通貨引き出せない問題、ウォレットは「空っぽ」だった 深まる謎…

  8. 仮想通貨ビットコインで税金支払う 米オハイオ州で2つの企業が実施 – Cointeleg…

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP
ツールバーへスキップ