仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手

 【シカゴ=野毛洋子】米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発した。仮想通貨交換所が今後の規制強化に向けて準備を進めるなか、不正を自動で検

続きを読む

Twitter comment(10)

仮想通貨取引の不正摘発ソフト導入、イギリスCoinfloor取引所。開発はアメリカ先物取引システムの大手Trading Technologies社。AI搭載し過去のデータを基に不正取引を自動検知。売買意思のない見せ玉など対象、検知…
米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発しました。 ▶︎仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
[日本経済新聞] 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手 (会員限定)
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
いやこーゆーの増えるの熱いわー 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
トレーディングテクノロジーズが暗号通貨の不正摘発ソフトを開発

関連記事

  1. 米フィデリティ、ウォール街の顧客向けに仮想通貨事業を開始へ

  2. 5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (8/16)

  3. 仮想通貨取引所大手bitFlyerが新体制を発表|株式会社bitFlyer 加納裕三社長の後任に鈴木…

  4. 「仮想通貨テザーは十分なドル準備金を持っている」=ブルームバーグ報道 – コインテレグラ…

  5. 【速報】韓国公式発表:仮想通貨「ICO」が合法かどうかの可否判断を11月中に

  6. 仮想通貨投資、6割が損失を抱える 個人投資家調査

  7. SBIグループ代表の北尾吉孝氏の著書、「これから仮想通貨の大躍進が始まる!」発刊 – 金…

  8. 2019年の「仮想๩…

人気記事

PAGE TOP
ツールバーへスキップ