仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手

 【シカゴ=野毛洋子】米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発した。仮想通貨交換所が今後の規制強化に向けて準備を進めるなか、不正を自動で検

続きを読む

Twitter comment(10)

仮想通貨取引の不正摘発ソフト導入、イギリスCoinfloor取引所。開発はアメリカ先物取引システムの大手Trading Technologies社。AI搭載し過去のデータを基に不正取引を自動検知。売買意思のない見せ玉など対象、検知…
米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発しました。 ▶︎仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
[日本経済新聞] 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手 (会員限定)
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
いやこーゆーの増えるの熱いわー 仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手:日本経済新聞
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手
トレーディングテクノロジーズが暗号通貨の不正摘発ソフトを開発

関連記事

  1. 世界で100万台以上販売の仮想通貨ウォレット『レジャーナノS』:対応通貨を8種類追加、月1で新対応通…

  2. 「マイニング契約のアップグレードを」=ジェネシスマイニング 仮想通貨相場の低迷が影響

  3. 米国投資アンケート調査で仮想通貨需要に伸び代も:35%の投資家の内、5%は仮想通貨も対象に

  4. 総悲観から一転、ビットコイン急反発でリップルやネムが大幅高|仮想通貨市況

  5. 日本企業が仮想通貨を担保にする融資サービスを開始すると発表

  6. LINE、仮想通貨関連のベンチャーファンド

  7. 仮想通貨はバブルを経て強さ増す-イーサリアム共同創始者ルービン氏

  8. ドイツ第2位の証券取引所、ICOプラットフォームと仮想通貨取引立ち上げ計画

人気記事

PAGE TOP
ツールバーへスキップ