ビットコインの新動向!取引所と証券会社の「大再編」がついに始まる(田代 昌之) – 現代ビジネス

代表的な仮想通貨であるビットコインの価格は、1月末に年初来安値(36.7万円、フィスコ仮想通貨取引所)をつけた後は、じりじりと下値を切り上げており緩やかな反発が見られる。一気に戻りを試すような強い雰囲気は感じられないものの、下値を模索するような悲観的な見方は後退している。正直これといった明確な材料は観測されていないが、法令関係において明確な動きはあった。政府は、3月15日の閣議において「暗号資産」への呼称変更と金融商品取引法、資金決済法の改正案などを閣議決定した。ビットコインの価格に対する影響は限定的と考えるが、法令のスケジュール及び方向性がはっきりし、交換業者は内部管理体制の構築のターゲットが明確となったことから、利用者保護及び業界全体の健全化・信用回復にはつながることとなるだろう。そして、判明したスケジュールを見据えた業界再編の動きも活発化すると考える。

続きを読む

Twitter comment(1)

ビットコインの新動向!取引所と証券会社の「大再編」がついに始まる #マネー現代

関連記事

  1. 「機関投資家の22%は既に仮想通貨を保有」 米Fidelityが仮想通貨関連サービスを密かに開始して…

  2. 人気雑誌プレイボーイの親会社、仮想通貨企業を契約違反で訴える

  3. ビットコイン価格は本日が山場か 超大口クジラが集結するイベントも明日に控える|仮想通貨市況 R…

  4. インド、仮想通貨取引の禁止にも関わらず取引量増加へ

  5. 仮想通貨リップル株が急騰、一時90%強上昇 (訂正)

  6. 5分で読める:国内外の仮想通貨注目ニュースまとめ|夕刊コインポスト (9/10)

  7. 仮想通貨市場は上昇、SECのETF拒否見直し発表受け

  8. DPレーティングが仮想通貨取引所の格付けを発表:最高評価はA+のバイナンス、bitFlyerはB+評…

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP
ツールバーへスキップ